発達障害ギリギリ日記

ASD(自閉症スペクトラム)を抱える中年の日記

長編小説を読み終わりました。

こんにちは。派遣の仕事は今月で辞めることにしました。人間関係がうまく行きません。しょうがないですね。3月からまた新しい仕事をしたいと思います。

 

3年近く読んでいた、プルーストの『失われた時を求めて』を読み終わりました。長かったですね。感無量です。翌日は何か緊張の糸が切れたのか、何もやる気がなくなってしまいました。とにかくホッとしました。続ける事があれば何でもいいんです。掃除でも料理でも、たまたま長編小説を読んでいただけです。でも、文学も20年くらい読んでるので嫌いではないと思いますけどね。仕事以外でも続けることがあればそれが勢いになるんですよね。毎日、早朝にラジオ体操をしているおじいちゃんみたいなものですね。とりあえず、読書はお休みして、今度は気楽な読書を楽しみたいと思ってます。村上春樹さんの新刊とか読んでみたいです。

 

f:id:tita65535:20180219171432j:plain

 

 

競馬のGIフェビュラリーSを見ました。内田騎手のノンコノユメが勝ちましたね。応援してたのでとても嬉しかったです!!私はこの馬を本命◎にしてました。最後のゴールドドリームとの競り合いはすごかったですね。馬券を買わなかったの残念ですw。内田騎手の勝利インタビューもとても良かったですね。さすがベテランと言った感じです。オリンピックより感動したかもw。あと、今週末は阪神競馬場で大好きなレッドファルクスが出るので楽しみですね!

 

 f:id:tita65535:20180219171913p:plain

それでは、また。

肝機能障害の話

こんにちは。

 

電車で病院に行って来ました。やっぱり、当分は薬が必要なようです。我慢して飲まなかった数日はかなりキツかったです。薬で自分の足りない所に気づいて、時には勇気と自信を与えてくれるので、感覚的に必要なものを学習するためにも、薬、あってもいいのかな?と思いました。もちろん、いつかは止めるとは思いますけどね。

 

そういえば、前は肝臓が悪かったので、違う先生には薬を出してもらえませんでしたね。私も先生を信頼していたので、我慢してたら、平気になりましたね。今とは違う種類の薬で、ただの安定剤なんですけどね。でも、安定剤でも、慣れてない人だと、飲まないと離脱症状のようなものになったり、飲まないとタバコを我慢する人のように苦しいものなのです。私はコントロールの術を長年の経験で学んだので、今は安定剤も飲んでますけど、途中でやめても、そういう怖い症状にはならないし、特に不安にもならなくなってます。

 

ただ、その頃から、今から15年くらい前からでしょうか。健康診断の時にやる、肝臓の数値、GOTやALTなどの数値が赤く表示されるようになったんですよね。それで、当時の先生のすすめで、近くの内科や大学病院で検査しましたが、原因は分からなかったです。もちろん、当時はお酒あまり飲んでませんでした。お酒でないなら、薬剤性の肝機能障害と先生も思ったのでしょう。でも、でも違うようでした。その後、今の住まいの近く内科にも通ったのですが、そこでも肝臓の数値が高いのは分からないとのことでした。数値はかなり変動して、10〜20高いくらいなら、まだいいのですが、時には100以上高いこともありました。もちろん、沈黙の臓器と言われる肝臓なので特に不都合は感じてなかったのですけどね。でも、多少疲れやすいのはあったのかもしれません。

 

その後、キーウイフルーツを朝に食べると、ビタミンなどが効果的に摂取できると知って、毎朝、キーウイを食べてました。一年くらい、続けた頃でしょうか?会社の健康診断を受けたら、肝臓の数値が全て正常値に戻ってたんですよね。とてもびっくりしました。食生活も、多少は気をつけて栄養のあるものを食べていたと思います。10年以上、原因不明の肝機能障害がキーウイフルーツや食事で治ったのです。よく、ツイッターなどで、もう肝機能障害は治らないと言ってる人がいましたが、教えてあげたいと思いました。もともと、肝機能障害の本をみても食事療法は定番ですが、私にはキーウイフルーツが効いたような気がしたのです。

 

現在はまた薬をたくさん飲むようになったからか、今度は薬剤性の肝機能障害になってるかもしれません。数値もとびきり高くなっています。ただいま、キーウイフルーツも中断してしまっています。近々、キーウイを再開する予定です(あと、食生活も気をつけなくては)。あと、本人がこれは絶対に効く!と確信を持って(思い込んで)食べてるのも効果があると思いました。よく、ガンなどでも、ゲルソン療法などの食事療法だけで治る人もいるのは、パートナーの助けと本人の治りたいって気持ちの強さが、治させた部分もあると思いました。

 

肝臓以外にもキーウイフルーツはいろいろと健康効果があるみたいです。みなさんにもおすすめします。ただ、朝に食べないと、最大限に効果を発揮できないみたいですよ。

 

それでは。

f:id:tita65535:20180214205346j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春が近づいてきた。

こんにちは。久しぶりの更新です。なんとか、派遣の仕事をしています。最近は春も少し近づいたように思います。日中は寒いけど、風に春を感じます。といっても、今日は今年一番寒いのでは?というような一日でした。部屋の温度計も13度だったので、寒いです。

 

今週はコンサータストラテラをお休みしています。やっぱり一日中眠いですね。飲む前はそんなこと感じなかったですけど、飲み始めてから中断するとやっぱり差を感じますね。結局、また薬を飲むのかな?。。。という感じです。でも、安定した状況になるまでは必要かもしれないです。

 

ジョギングはしてないですが、散歩はよくしています。神経痛のようなものになってから、ジョギングはできなくなりました。走るとすごく気持ちいいので残念ですね。基本的に、自転車やクルマで走るのも好きで、ジョギングも風を感じて走るのが好きなんだと思います。

 

明日はバレンタインデーですね。年末にゴディバチョコの箱詰めのバイトをしてました。箱の方が中身より高そうっていっつも仕事しながら思ってました。それくらい、箱が凝ってます。箱を落としたら、かなりヤバい雰囲気。。。という感じでした。私は落としました。バレンタインデーといえば、昔、姉がチョコを作っていて、余った板チョコの塊を食べるのが好きでしたね。板チョコの数倍はあろうかという厚さのホワイトチョコとか美味しかったです。バレンタインって貰った記憶ないですね。もらったかもしれないけど、忘れました。

 

3年以上読み続けている、プルースト失われた時を求めて』が最終巻の残り100ページ余りで読み終わりそうです。長かったです。ジョイスの『ユリシーズ』は昔に読みましたが、挫折。。。でも、今回はちゃんと読み終わりそうです。最初は現在刊行中の岩波文庫の新訳版で読み始めましたが、途中から、集英社文庫に切り替えて読んでます。どうも、読み終わった人の話によれば、終盤は集英社文庫の鈴木道彦訳の方が読みやすいらしく、実際になんとか終わりそうなので、切り替えて良かったと思います。岩波文庫版の方は、まだ翻訳中のようです。ロマン・ローラン『ジャンクリストフ』とかも合わせるとここ4、5年はフランス文学ばかり読んでいたような気がします。この前の、はてなの記事でも、文学は脳の血流を良くするとあったので、鬱とかにもいいような気がしますね。読みにくいけど、読み進んで行くと、頭が働くし、そうすると身体も動くような気がします。

 

それでは、また。

f:id:tita65535:20180213180307j:plain

 

 

 

 

 

 

 

鬱と発達障害の対策(ASD,ADHD)

anond.hatelabo.jpk

こんにちは。

 

今日、はてなのトップページでこのような記事を見つけて興味深く読みました。本を読んだり散歩するのはやっぱりいいみたいですね。文学が脳の血流を良くするなんて好き者としては嬉しいです。今日は会社休んでベッドの中でプルースト読んでました。今日は動けませんでした。前日、100パーセントの力でつい仕事してしまいました。明日からは70パーセント(繁忙期なので)で行きたいと思っています。たまには栄養のあるもの食べたいです。

 

寝たままやる筋トレは、整骨院の先生に教わったのをやっています。どうやるかと言うと、布団に仰向けになった状態で、ひざを立てます。あとは、背中を地面に押し付けるイメージで腹筋に力を入れます。最初は背中の下に手を入れると手が潰されるので力が入ってるのが分かると思います。慣れてきたら、手はどかして行います。これで、通常の腹筋の筋肉に加えて、普通の腹筋運動では鍛えられないインナーマッスルが鍛えられるとのことです。腰痛にも効果があるみたいですよ。

 

この方の記事を読むと、ずっと薬を飲んできたけど、今ではその対策方法で薬は飲んでないみたいですね(飲んでないとは書いてないようですが)。それは素晴らしいことですし、私からしたら、賞賛ものです。やっぱり薬は飲まない方向に持って行くのがいいのは私も分かっているからです。薬を飲まないと、楽しいことも辛い事もリアルに感じられるから生きてる実感があるんですよね。今は私は薬に頼っていますが、もう少し真面目にこういう対策法を見習って、いつか薬をやめたいですね。

 

では、寒いので体調に気をつけて参りましょう。

それでは。

f:id:tita65535:20180206201935j:plain

過去を思い出すこと(記憶)の大切さ

こんにちは。ひさしぶりの更新になってしまいました。今週から倉庫で働いています。あまりに寒くて、職場でさっそく足の指がしもやけになってしまいました。。。それほど寒いんですね。職場では、お昼休みの食堂に入るのが怖くて、高卒で働いた印刷工場の時から苦手なんですよね。緊張してしまって、周りとの仲間意識がないのです。もともと高校生のころから、喋れなくなり(原因不明)、友達はたくさんいましたが、自分を守るバリアがなくなったような感じでした。だからこそ、周りの人は友達になってくれたのかもしれませんが。でも、大人になって社会人の中になんのバリアもない状態でいると、まったく落ち着きませんし、周りの人との仲間意識もないですし、仕事も協力してやってるとは言いがたい状態です。そんな気持ちでいるだけで、嫌われる確率も高いですし、些細な言動にビクビクしてしまいます。そもそも仕事に身が入っていないのが良くないのかもしれません。

 

昔、NTTで働いてた時に、一人アウトローな青年がいてみんなの評判が悪かったんですね。別に彼が悪いという訳ではないけど、日本ではそういうアウトローな存在っているだけで、批判されがちなんですよね。その時、自分はどんな位置にいたかというと、退院して心機一転、うまく溶け込めないながらも、みんなの中に入ろうとしてる状態でした。そうして考えてみると、そのアウトローな青年とは対極の普通の社会人の位置にいたのではないか?とも思えました。その青年よりは少しはマシだったと思えたのです。今日、新しい職場で仕事をしながら、そんな事を考えていたら、周りの人とも自然と協力できたというか、仲間意識というか、うまく協力できたんですよね。不思議です。なんでそんな状態に拘るかというと、自分が楽ですし、仕事も捗りますし、嫌なことも考えずに済むからです。だいたいの人はそうやって仕事をしています。私みたいな人ばかりでは会社が成り立ちませんしw。困ったときには、「昔の良いと思ったこと、ないたい自分を思い出す」のがいいのかもしれないと思いました。考えてみたら、昔からそうやって辛い時は乗り越えて来たような気がします。

 

プルーストの『失われた時を求めて』の主人公も、幸福感を感じた瞬間のことを思い出そうと必死にあれこれと考えて、記憶を取り戻そうとします。そうすることで、またあのときの幸福感を味わえると思っているのでしょう。快楽主義とも言えるでしょうか。

邸宅の敷石を踏み外した瞬間に幸福感でいっぱいになる瞬間が描かれているのですが、きっと主人公はもう一度その敷石を踏み外してみたり、その時の心理状態を思い出そうとしたのだと思います。私にもその感覚は分かります。いつもの散歩道を散歩していて、視線恐怖の強迫観念が治ったときは、また数日後に同じルートを散歩して、その時の感覚を取り戻そうとすることもあります。どうしてもその感覚をもう一度味わいたいからです。私の場合はその感覚さえ取り戻せば、人生が楽にもっとうまく進められると信じているから、そんなことを試しているのですが(果たして本当にそうなるかは分かりませんが)、本の主人公はなんでそんなに恍惚を感じるために幸福感を追い求めたのでしょう。小説が書けない自分が嫌になったのか、はたまた、小説を書く手がかりになると思ったのか、どちらにせよ、主人公にとって、「記憶」というものが、普通の人以上に重要なものだったことは確かで、それを追い求めることこそが、主人公の追い求める人生だったのかもしれません。はたまた、貴族の内面的な遊戯なのか。。。難しい本なので、私の知る所ではありません。いつか、図書館で解説本でも読んでみたいと思ってます。

現在を生きる人にとっても「記憶」や「思い出」はとても大切なものです。時には、それが、その人を助けることにもなるのだと思います。過去の記憶を思い出してみれば、何か良いものが見つかるかも知れません。

それでは、また。

f:id:tita65535:20180130214552j:plain

 

 

 

 

 

関東も大雪です。

こんにちは。アルバイトをしてたら、雪が降って来てあっという間に積もってしまいました。社員の人が午後3時過ぎに上がらせてくれました。クルマだったので、渋滞もしていてかなり帰宅に時間がかかりました。そういうば、来週から仕事が決まりました。簡単は派遣の仕事ですが、しばらくは生活もあるので続けて行きたいと思います。資格なども引き続き勉強して行きたいと思っています。雪もう、降らないで欲しいです。クルマ通勤なのでw。

 

f:id:tita65535:20180123185713j:plain

 

小室哲哉さん引退報道を見て

こんにちは。小室哲哉さんの引退したみたですね。TM NETWORK宇都宮隆木根尚登ファンの私としては、とくに何も無いと言った印象ですね。ただ、今はゆっくり休んで早く元気な姿を見せて欲しいと思うだけです。楽曲だけは残るし、音楽好きはずっとTMを愛して聴き続けると思ったからです。よく、介護うつで引退なんてツイートも見かけますが、それが理由であそこまでの決断はできないと思います。何もかも見通しての決断だと私は思います。あれだけの仕事を日本や海外でやってきた人ですから。普通の人が介護疲れで会社を辞めるのとは訳が違うでしょう。ただ、小室さんもそういう人達の気持ちが分かったような話もしてましたし、新たなファンも開拓するんじゃないでしょうか?よく分からないですが、日本的な流儀に従って、けじめをつけたんだと思います。でもTMはまたやるなんて話も聞こえてきていますし、それは楽しみですね。ここ数年でも、TMは素晴らしいパフォーマンスをしてるのがすごいのですが、今でも十分に活動できそうです。

 

実は、TMのライブはまだ一度も見た事がないのです。宇都宮隆木根尚登のソロライブや、宇都宮隆主演のミュージカルRENTなどは見たのですが。TMが再結成したらぜひライブに行ってみたいです!!

f:id:tita65535:20180121151119j:plain