発達障害ギリギリ日記

ASD(自閉症スペクトラム)を抱える中年の日記

HSPなどの敏感な人は芸術活動がお気に入り?

こんにちは。

ツイッターでそんな話題を見たので書いてみました。HSPとはハイセンシティブパーソンというらしいです。敏感すぎる人です。光とか音とか服の素材とか、そんな些細なことにも気になったり、すぐに落ち込んだり、心が繊細な人と言えばいいのでしょうか?

でも、HSPだけの症状がある人がいるというよりは、発達障害にありがちな症状だったり、他の精神疾患にもありがちな症状だったりするみたいです。だから、精神病などで悩んでる人は誰もが持っているものかもしれない。

 

私も芸術活動は好きです。小説を書いたり、日記を書いたり、詩を書いたり。美術館へ行くのも昔は好きでした。言葉を書く事で救われることは確かにありますね。ツイッターにつぶやくのと、誰も見ない日記をパソコンのテキストに書き込むのを比べると、明らかに日記の方がスッキリとするし、何か一つ悩みが自分の中から出て行くのを感じるし、考えを少し整理できたかな?という気持ちにもなります。これも日記を長く続けているからかもしれません。最初はなかなか自分のことを書くのは苦手な人も多いと思うのですが、続けてくると自分の内面なども書くようになって、気持ちの整理にも使えるので便利です。あと、単純にその日に何をやってどこに行ったという忘備録にもなります。

 

小説ですが、今でも書いてます。正直自分しか読まないのでなんとも言えないのですが、暗い内容の話です。一応小説はアップロードしてますが、全部ではありません。まだ、アップしてない小説がいくつかあります。でも、本当にアップする必要があるのか?と考えると疑問です。ただ、書くことに意味があるように自分の中では感じます。正直、人に読ませるには拙い作品だな、と自分では思っていますから。小説を書いてると、つい主人公に自分の人生を重ね合わせて書いてしまうことがありますね。昔よく行った祖母の家に、主人公が出かけて行く、、、など。心理描写もそうです。心理描写といえば、私は文学が好きですが、物語よりも描写、とくに心理描写が好きで読んでいるようなものです。もちろん、話が完結するには物語は必要不可欠なのですが、その中に含まれる心理描写に作者の心の中を見るようで好きなのです。

 

今でも、小説を書いています。正直、資格の勉強も始めたので休憩すると思いますが。でも、書く意味あるのかな?と今でも思います。そんな辛いことする必要があるのか?と。でも、やることがなくなったらまた書けばいいと思います。コツコツやればいつかは完結に向かうからです。今は、一作目はiBook storeにアップロードして、二作目は編集がほぼ終わりました。三作目は三分の一くらい書いてあります。『遥かなるルーブル』というタイトルで出してます。

 

絵は苦手なので、描きませんが、文章はこれからも書いていくと思います。自分のためですね。自分が楽になりたいから書いていきたいと思います。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

過去に入院森田療法を受けた話

こんにちは。今年の夏は冷夏というか雨が多くて涼しいですね。過ごしやすいのでこれもいいですね。みなさんも体調にはお気をつけて、良い夏をお過ごしくださいね。

 

私は過去に入院森田療法というものを受けました。神経症(不安障害)の対人恐怖や視線恐怖を克服するためです。同じ仲間の中には、うつ病双極性障害の人たちもいました。そこは、個人の家を改築した病院でした。開業医の先生と奥様、あとは元先生の教え子だった人がサポートしてくれ、料理を作ってくれる人もサポートしてくれていました。家庭的な生活のなかで日常生活を通して、森田療法で言う「気づき」、症状はもともとあるもで取ることはできない、やるべきことに没頭するときには、脅迫観念はなくなっている、というものを目指すものでした。

 

毎日、朝、昼、晩と患者同士で料理を作ったり、昼間は卓球をしたり、芸術活動をしたり、街へ散策へ行ったりしました。それぞれ、やっぱり心の病があるので辛い場面もありました。知らない人と一つ屋根の下で暮らすので不安もありました。対人恐怖の人たち、私も含め、その場にいるのさえ辛かったです。でも、なんとか持ちこたえて退院するのは止めて続けてみることにしました。次第にその場所にいても良いのだという安心感も生まれてきました。ちゃんとした食事と規則正しい生活が私の心と体を癒して元気にしてくれました。でも、そこから仕事に通う勇気はありませんでした。長年、そういう安心した環境にいると外に出るのが怖いものです。買い物や散策、散歩では頻繁に外に出ていましたが、仕事となるとやっぱり躊躇してしまいました。

 

入院生活では、医師の家族や親戚、サポートしてくれる心理関係の大学院生の人などがいました。私はそういう人たちのことをよく知らなかったので、大げさにいうと、何か「文化」を感じました。また、彼らも普通の人であることもわかりました。優秀で恵まれているからと言って、必ずしも楽な生活ではないと知ったのです。むしろ、普通の人より、ストイックな生活をして、日々を忙しく生活し、ささやかな楽しみをみつけて生活しているようん感じました。読書もたくさんしました。日記を書くのですが、そこで先生とさまざまなやりとりもしました。週に一回の診察では先生とたくさん話をしました。そんな生活が一年くらい続きました。これはもう、生き直しと言っていい程の影響を私に与えてくれました。当たり前のように人に配慮すること、周りの人を大切にすること、物を大切にすること、いつでも勉強する姿勢を持つこと、そんな新しい習慣を私に与えてくれました。みんなで食卓を囲むという習慣も新鮮でした。喋るのは緊張しましたけど。

 

退院して、私は正社員で長く続けられるようになっていました。入院生活のおかげだと思っています。退院後はまったくの白紙、まるで学校を卒業して就職する学生のような気分で仕事を始められたからです。だから、仕事が長く続いたのだと思います。見るものが何もかも新鮮に映ったのです。入院生活という狭い空間の中から、新しい世界に出たという新鮮な気持ちがあったのだと思います。入院生活は私にとって人生の大切な時間であったと共に、多くの人と知り合い、一生の思い出を与えてくれました。本当に感謝しています。入院というとハードルが高いイメージがあるかもしれませんが、数ヶ月でも心身ともに回復することがあるので、どうしようもない時は入院することも必要だと思います。きっと元気になって帰ってくることでしょう。他人がどう思うかは関係ありません。医学的な問題で入院しているので、偏見は放って置いて、自分のためにするのです。自分の未来のためにするものだと思います。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの老人がお金を溜め込んでる話

こんにちは。毎日涼しいですね。このまま秋になってくれらたらいいと思います。運送業で頑張ってる方達には、この気温助かっているんじゃないでしょうか?

 

麻生さんが、老人がお金を溜め込んでるので経済が回らないとニュースで言ってました。なんで、昔の人はそういう意識を持っているんだろう?と思いました。そのくせ、簡単にオレオレ詐欺なんかにあってしまう。いきなりだけど、これは自業自得だと思うんだよね。そうして、その老人が亡くなって子供に遺産が回ってきても、子供ももう定年していて、また溜め込むことになるかもしれない。こうなると、一生日本の経済は活性化しないのでは?とも思ってしまいます。政府も諦めて、他のことで手を打つかもしれません。お金っていうのは、ある程度若いうちに使わないと意味がないと思うんだよね。そう、キリギリス的な発想です。年を取ってくると何もかもが億劫になってくるみたいで、父親を見ていて感じました。父親は75歳くらいなんだけど、最近新車を買いました。私は「おいおおい何歳まで車に乗る気かい?」と思いました。60歳で定年になった記念に人生をエンジョイするために新車を買えばよかったのです。お金はもともとあったのですから。そうすれば、15年乗って、これから車をどうするか考えることもできたでしょう。私にくれたって構わなかったw。ひとえに昔の人は「ケチ」なんじゃないでしょうか?それが主な原因だと思います。昔の貧しい生活を知ってるから、余計にケチになってしまってるんだと思います。これは日本経済に影響大です。でも、そんな昔の人の頑固さを変えることなんて、不可能に近いです。これ以上不可能なことはない、と言っても過言ではない程に不可能だと思います。実際、そんな老人が、偽の健康療法や医者に通って無駄に消費する場面を知っています。もっと的確な商品を購入してほしい所です。よく、不安で将来のために貯金するという話を聞きますが、老人たちは単にケチなだけだと私なんかは思ってしまいます。本当日本中の老人がどんどんお金を使って、経済を回して欲しいですよね。若者だけでは限界があります。本当にどうにかしてほしいです。

 

それでは、また。

 

発達障害の人に向いている仕事(PC)。

こんにちは。お盆休みは雨の日が多くて涼しくて過ごしやすいですね。おかげで家にいることが多いですw。コミケとかに行った人も多いのではないでしょうか?私はまだ墓参りも行ってません。汗

 

発達障害の人はどちらかというと一人でいることが多い気がします。

ADHDの人は社交的でどんどんいろんなことに挑戦する人もいるかもしれないですが、ASDなどのアスペルガーの人は一人でいることを好んでいるような気がします。ひどくなると、引きこもってしまう人も多いみたいです。それだけ、外界に対して敏感に反応してしまうのだと思います。だから、職場に出ても周りのことが気になる、周りの人も気になる。自分が変な対応をしてしまったのではないか?などと気に病むことも多いと思います。そんなアスペルガーの人の適職はやっぱりコンピューターを使った仕事や研究など(こちらは限られた人向けだと思いますが)が合っていると思います。自宅でホームページを作成して在宅ワークなんていいかもしれません。

 

私は、ギリギリ中年の発達障害者なので、今更プログラマーウェブデザイナーなることは難しいかもしれません。だから、地元の工場で働いたりしています。でも、若い人はそういうスキルを身につけておくことは将来、自分を助けることになるのではないか?と思ったのでこの記事を書いています。なぜ、それほど重要かと言えば、もし就職して失敗したとしても、そのようなスキルがあれば在宅で仕事もできるからです。プログラミングなどは専門の知識がいるので学校に行く必要があると思うかもしれませんが、そんなことはありません。実際に独学で勉強してやっている人もたくさんいます。私は専門学校で勉強しましたが、大学を出ている人なら、ある程度の数学の知識はあると思います。その数学の知識がプログラミングの全てと言っても過言ではありません。ただ、それほど高度な数学の知識は必要ありません。

 

専門的な話はまあ置いておいて、発達障害の人、特にアスペルガーの人がなんでPC作業に向いているかと言うと、集中力と一人でやる作業であるからです。私は間違いなく、普通の定型の人よりも集中力が高いと思っています。能力のある人ならそんな定型の人以上に仕事ができるような気がします。実際にプログラマーとして活躍している人も多いと聞きます。独学で勉強するのが難しいのなら、何も知らずにIT系の会社に就職してしまう、というのもありだと思います。全然違う業種からの場合も私はオッケーだと思っています。ただし、年齢は20代までだと思います。いれ以上の人は独学でやっていくしかないと思います。それ以上の年齢だとある程度の経験を求められるからです。20代なら、初めてでも覚えられると思います。

 

会社に入ると、一人で独学でやっていたのとはまた違う部分が見えてきます。一般では触れないコンピューターやソフトウェアを触ることができます。そういう専門的な知識も増えていきますし、基本的なプログラミングの仕組みや全体的な流れも把握できるようになってきます。これは本を読んでいたのでは、理解しずらいことだと思います。職場に入って、本を読み返すと、ああなるほど、と腑に落ちる部分も多いかと思います。それほど実践は大事です。独学の場合も

細かい記述を暗記して勉強するよりも、実践、すなわち自分でサンプルプログラムを打ち込んでみることが大切になってきます。ウェブでもそうです。実際に自分の趣味のページを作成することで、ファイルの作成からサーバーへのアップロードまでデザイン以外のことも一通りわかります。ホームページならスクールに通うのもいいと思います。

20代の人はそういうチャンスがあります。資格の勉強も大切ですが、こういう実践的なPCスキルを身につけることも大切かと思います。応援しています。

 

それでは、また。

 

 

 

 

宣伝です!

こんにちは。kindleストアやAmazonkindleなどで本を出版しました。

題名は

 

『遥かなるルーブル』 といいます。

 

二人の女性の友情や美術の話なんかがでてきます。アスペ小説ではありませんw。

過去にアスペ小説は書いたのですが、原稿がなくなってしまいました。もし、よろしければ、読んでみてください。ただし、109円なので心苦しい部分もあるのですが、よろしくお願いします。

 

無料版は、iBooks store でダウンロードできます。

 

よろしくお願いします!!

 

それでは、また。

 

 

発達障害は病気ではなく性格の問題。

こんにちは。久しぶりの投稿です。今はお盆の時期で、そろそろUターンラッシュが始まるようです。

 

精神科医のホームページで発達障害は病気ではなくて性格の問題だと自覚することが治療のはじまり、という文章を見つけました。発達障害は病気ではないから、治りません。性格といえば、良い面もあれば悪い面もあるというやつです。だから、この部分は能力があるけど、この部分は極端に能力が低いなど、それが個性というか性格となるのです。その考えは賛成です。そして、発達障害で苦しむことが多い代表的なものが、

「脅迫観念」と「同常思考」だそうです。脅迫観念は、いつも頭の中にある観念が離れない、取り除こうと思えば思うほど、付き纏ってくるというやっかいなものです。眠ろうとすればするほど、眠れないのも脅迫観念です。人と緊張して喋れない、喋ろうとすればするほど喋れない、なんてのもそうです。あとは、視線恐怖や赤面恐怖なんかも有名です。同常思考は文字の通り、いつも同じことを考えてしまって、思考がぐるぐる回っている状態だと思います。発達障害の人がいつも昼に同じものを食べているというのも、その類の話だと思います。あとは、行動がワンパターンとか。ワンパターンの何が問題かというと、発達障害コンサータストラテラを飲むように、脳に刺激を必要としている人々です。そうやって、投薬によって脳に刺激を与えて行動や思考を制御しているわけです。だけれど、いつもワンパターンでは発達障害者はすぐに飽きてしまい、イライラ、不安、などに襲われやすくなります。普通の人より、退屈に耐えられないのに、ワンパターンな行動しかできにくい存在なのです。だから、余計にストレスも溜まると思います。時には癇癪を起こして、暴言を吐いたり暴力を振るってしまうこともあるかもしれません。だから、抗精神病薬リスパダールエビリファイなどを飲む事によって、興奮を抑えたりもしています。そういう、二つの特性で困っていては、生活が困難になってきますよね。さらに、発達障害者にはAC(アダルトチルドレン)になりやすい特性もあるみたいです。つまりは、大人になっても親との関係を引きずっていて、それが日常生活や社会生活の場で自分を傷つけたり、コミュニケーションの障害になったりする訳です。だから、ますます発達障害の人は生活が辛いものになってしまいます。

 

だけれど、これは発達障害のせいだから、とは言い切れないですよね。原因として発達障害があるのは事実だけれど、実際に困っているのは「脅迫観念」や「常同思考」、「ACの問題」などであるのですから。だから、それらの問題を一つ一つ解決していくのが正しいのだと私は思っています。もちろん、医者やカウンセラーを頼って。同じことを言いますが、発達障害は治る事はありません。病気ではないのですから。ただ、発達障害者の行動のネガティブな面を手助けする、コンサータストラテラなどの薬はあります。ただ、これらは発達障害を治す薬ではないのです。発達障害は性格の問題、その人その人で得意な分野が違うということです。得意な面は伸ばして、苦手な面は放置しておくのも手かと思います。なぜ、その医師が発達障害は性格の問題として認識するのがまずは始まり、と言っているのか自分なりに考えてみました。そうすることによって、自分が悩んでいるものの本質が見えてくるからだと思いました。ACの問題で一番困っているのなら、まずカウンセラーを頼る、行動の問題を抱えているのなら、医師に薬を処方してもらう、など対策を立てやすいと思いました。「発達障害」という言葉に囚われて、不幸を嘆いていても始まりません。実際に悪さをしているのは発達障害ではないのですから、発達障害でなくても、脅迫観念に悩まされる人はたくさんいますし、鬱で苦しむ人もたくさんいます。どちらも、脅迫観念、鬱の治療が必要です。その先の会社でうまく適応する、ということを考えたら、発達障害の自分マニュアル的なものも必要になってくる場合もあると思いますが、今回はその話はしません。まずは、発達障害は病気ではない、ということを言いたいのです。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの投稿です。

お久しぶりです。コンサータストラテラを飲んでなんとかやってます。仕事はうまくいっていたのですが、腰を痛めてしまって、仕事を選ばざるを得なくなりました。困難って続くものですね。元はと言えば小説を書いていて腰を痛めたので、理由を聞かれても答えにくいですw。

 

腰を痛めたのは過緊張の状態で小説を書き続けた為に、腰の筋肉が固まってしまったようです。整骨院接骨院で腰の筋肉を和らげるマッサージを受けていますが、噂ではマッサージを受けるほど筋肉が硬くなるようなので、無駄かもしれません。が、当分通ってみるつもりです。

 

小説を書いて、腰と精神と足を負傷して、とんだ災難です。w 大好きなジョギングもできなくなりました。精神ってそれほど肉体とつながっていると再認識しました。精神が狂えば体が勝手に動いて間違った行動もしてしまうので恐ろしいものです。そもそも小説には人を狂わせるような一面も持っていますから、文学に取り憑かれ、そして自分で書くことにも取り憑かれて、だんだんと堕ちて行ったのでしょう。発達障害メンタルヘルスも悪いのに、また厄介なことをしたものです。小説なんて書かなければよかったです。ただ、愛着障がいやそのたの心の病には小説や日記は回復に役立つとの話もありますよ。特に日記はおすすめです。私も昔から書いてます。

 

十一月の末に資格の試験を受けることになりました。電話回線やインターネット回線関係の資格です。技術経験はあるので資格を持っていれば、何かと役に立つかもしれません。まあ、もう40歳ですが。その道でやると決めたわけではないですが、頑張れば一人親方の自営業にもなれるかもしれないですね。まあ、大変だとは思いますが。

 

この年になって、何で食べて行くかもわからずにいる障害者なんてかなりヤバい存在ですよね。ただ、仕事はあります。昔、隣に住んでいた東南アジア人とも話しましたが、日本では仕事は探せばあります。別に一般的な人と比べることもありません。結婚できなくても、一人が暮らせる仕事をすればいいのですから。彼は、楽しそうに暮らしていましたよ。私も仕事が続けばそれなりに楽しくやっていけるんじゃないかな。続かないのなら、毎日違う現場にパソコンの設定をするバイトでもしようかと思ってます。そんなの自分たちでやれって思いますけどね。本当はサーバーの設定作業とかをやりたいです。紹介してもらったけど、以前は地元の工場で働いてたので断わってしまいました。それからは、あまり依頼が来なくなりました。たまに単純作業の以来が来たりします。私がやる!と決めれば仕事はくれるでしょうが、スーツを着て毎日いろんな現場に行くのは今は不安があります。夕方や夜にパニックになるからです。だから、地元の工場で働くのが安心だったのです。

 

ただ、地元の工場もなかなか続かないですね。なんか工場って大変何ですよね。健康じゃないととても務まらないところを無理して薬飲んで勢いでやっていた、そんな感じです。まあ、仕事は色々あるので何とかやっていこうと思ってます。

 

では、また。