発達障害ギリギリ日記

ASD(自閉症スペクトラム)を抱える中年の日記

発達障害者は周りに合わせるとダメになる話

こんにちは。発達障害者の中でも小さい頃に運良く社会性を身につけられてその後成長する人も中にはいるみたいです。でも、そういう社会性や対話の技術を身につけられなくて大人になる人も多いかと思います。アメリカなどなら、小さい頃にちょっとおかしな言動をしたり、学力が極端に低い場合などには、児童精神科医の診察を受けるように薦められるらしく、親もそれを悪いこととせず、寧ろ与えられた機会だと積極的に子供に受診させ、発達障害の診断が出たら、特殊教育を受けさせるというのです。アメリカでは子供の10パーセントが発達障害などの診断を受けて、特別教育を受けているらしいです。対して日本の場合は0.9パーセントととても低く10分の1しか診断を受けたり、特別教育を受けていません。これは親が普通の子として育てなければ、という横並び意識が問題になっているようです。大人になってから、診断を受けた人達にしてみれば、これは悔しい出来事だと思います。いっそアメリカに生まれていたら、、、とも思います。そういう特別な教育を受けるのは当たり前の権利だからです。

 

対して日本は、野放し状態で、大人になってから発見されるので、いろいろと問題になることも多そうです。大人になってから教育しても遅いと正直感じます。社会性を身につけられなくて大人になってしまったら、普通に働いて暮らすということがとても難しいものになってしまう人も出てくると思うからです。しかし、今更過去のことを言っても仕方ありません。なんとか今の自分で行きて行くしかないのですから、、、。もちろん治療により、以前よりも落ち着きのある生活を手に入れられることもあるかと、思いますが、ADHD特有の数時間ごとに気分がコロコロ変わって不安になったり、ハイになったり、そういうのはなかなか変えられるものでもないと私は思っています。それで、さらに周りに合わせようとと必死の努力をしたら、消耗して生きる気力をなくしてしまうかもしれません。

 

発達障害の診断を受けると、今までの自分の行いを悔いることもあるかもしれません。でも、あまり周りに合わせずに自分らしくやってきたからこそ、なんとかやってこれた、もしくは仕事に邁進できた、趣味に邁進できた、などのこともあるかと思います。

これは開き直る、ということではなくて、単純に診断を受ける前なので、その状態が当たり前だと思って行動していたことが、良い面に出ていたのだと思います。診断を受けたあとにも、そういう自分が発達障害を知らなかった頃のように、ちょっとズレた行動をしてみたりして、ストレスを発散するのも良い事かと思います。変に周りの環境や人に合わせ続けるとすごいストレスが溜まってしまいます。そんな時、いままで自分はどうやってストレスを発散していたかを思い出して、スポーツをしたり、趣味をしたり、食べ歩きをしたり、自分なりの方法を見つけることは大事かと思います。何せ、発達障害者はじっとしているのが苦手です。そんな状態でさらに寝たきりになってしまえば、

悪循環となってしまいます。そうなる位なら、周りの目はとりあえず置いておいて、趣味などでストレスを発散した方が、まだマシかと思います。もう、普通になるのは諦める、ことでもあるかと思います。

 

もちろん、周りに適応できる幸運は人はそうした方が良いのですが、そうでない人は時にはがむしゃらになってでも、そういう行動が必要になってくるかなと思ったのです。でも、実際にそんながむしゃらな行動をしても人はそれほどあなたの事など気にしてはいないものです。自分が自意識過剰になってなんでも自分に向けられた視線や行動を自分に向けられたものだと勘違いしている場合がほとんどなのです。そこから、思い違いが始まります。そうならない為には、それほど障害など意識せず、ちょっと変わった自分で良いのだと開き直るのが、ひとつのポイントかと私は思いました。発達障害のことなど、診断など気にしているからいけないのだ!というコメントもあちこちで見かけます。これは一つの真実であると私も思います。一つのアプローチの方法であると思っています。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古本や漫画、CDをたくさん捨てた話(断捨離)

こんにちは。小学生の頃から、漫画やファミコン、中学生になったら音楽CDをたくさん買うようになっていました。どちらかと言えば、内向的でそういうのが好きでしたからね。小学生の高学年から中学生になった時には、漫画の「こち亀」を集めるのに夢中になりました。母親と古本屋に言って、古いこち亀の本を買ってきたり、自分でも本屋さんで買うようになりました。高校生くらいの頃には、全巻集めていたような気がしました。その後も買い続け、80冊くらいにはなったと思います。

 

でも、20歳前後のある時、ふとその漫画を「捨ててしまおう」と思ったんですね。ちょうどメンタルの病み始めを自覚し始めた頃だと思います。捨てればサッパリしたり、過去との決別ができると思い込んでいたんだと思います。ゴミ捨て場にこち亀の本を全て捨ててしまいました。CDなんかもラルクアンシエルの物など、とても大切にしていたのですが、ほとんど処分してしまったと思います。

 

その後もCDや本を買い続けて、ものすごい量になりました。一人暮らしをしていた頃もどんどん買い続けていたので、実家に持って帰ってきたときには本棚がいっぱいになりました。本にはお金を惜しまないというポリシーでいたので、東京の本屋によく行っては、高い哲学の本や文学の本など気持ちいいくらいの買いっぷりでした。文庫なども適当に見て、必ず3〜4冊は衝動買いしていたので、すぐに本でいっぱいになりました。

 

でも、そんな本がいっぱいになった本棚を見て、また捨ててしまおうという気持ちになったのです。これは、整理とかそういう意味合いではなくて、ただ単に人生が嫌になってヤケクソでやった行為だと思います。過去の卒業証書やアルバムなども全て捨ててしまいましたから。でも、全てそれらの本を捨てて、何も無くなってしまうと何か自分の過去も捨ててしまったような寂しい気持ちに襲われました。さらにそれが進んで病的な不安にまで発展してしまいました。この時気づいたのですが、物って簡単には捨ててはいけないのだと思ったのです。部屋を見て本当寂しかったです。本当に何も無くなってしまったのですから。また、それらの本やCDを集めようと思うと途方もない時間とお金がかかります。でも、またコツコツ集めなければならない気がしたんですよね。

 

それから、現在になります。また、着々と本が増えています。今度は簡単には捨てないつもりです。いくら部屋が汚くなろうとも。その間に本だけでなく、友達もたくさん捨ててきました。きっと、過去との決別をしたかったんだろうと思います。何事も継続することができないというか、それを支える心がないのかもしれません。断捨離は自分にとっては間違っていたのだと思います。もちろんいらない物も多くありましたが、自分が快適になるためではなくて、過去を変えたいという目的のために捨てたのは、はやり間違いでした。

 

それらの続きで、車やパソコンやゲーム機なども次々と手放してしまいました。物を大切にする人にしてみたら理解できないことだと思います。実際に私も手放してから、とても不便を感じています。なら、なぜ売ったのか?と思うのですが、自分でも理解できないでいます。その理由を考えるのが今後には必要かと思います。今度カウンセラーに相談してみたいと思います。しかし、今考えるともったいないことばかりしてきました。失った話というのは簡単には忘れることができません。ちゃんと考えて捨てた方がいい、というアドバイスです。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

現在の近況

こんにちは。ギリギリ発達障害のアップルパイです。本当に最近はギリギリです。お金もありませんし、仕事探しも手こずっています。このまま行くと、生活保護?なんて考えてしまいます。でも、生活保護なんて親に言えないし、その手続きを考えたら、仕事を探してやった方がいいと思ってしまいます。コンサータを飲めばなんとかなるかもしれません。体調が悪くてもコンサータを飲めばなんとか動けますからね。

 

面接なんかに行くと、よく真面目そうと言われます。きっとそうすることが自分の価値観だと思っているのでしょうし、採用されるのだと思っているんだと思います。小説や詩を書いたり独創性があるように自分でも思ってたのですが、中身は本当に真面目で言われたことしかできない人間なんだなあと思い知らされています。苦労すればなんとかなる、とか我慢すればなんとかなる、そんな風に考えてきたようにも思います。だから、あまり人とも関わりませんし、相談とか助けになってもらうとかもしません。それでだんだんと行き詰まってきたんですよね。特に最近は体調も悪くて仕事に復帰するのが不安です。頼みのコンサータを飲んでいるからこそ、面接を受けたり見学ができる状態です。ブログを書くのも薬を飲んでいるからできています。

 

この前までは、仕事してなくても別に不安でもなくて、なんとかなると思っていたのですが、毎日忙しくしている街の雰囲気を感じていたら、自分だけ取り残された感じになってきて、不安であまり眠れず、焦ってばかりで無駄な行動ばかりするようになってきました。年齢的にも余裕がないので、焦っているのもあるんだと思います。障害者雇用はなかなか採用されないようです。だから、一般の派遣で働くように今はやっています。一番の不安は職場に馴染めなくて辞めてしまうことです。仕事の不安はあまりありません。苦手なのは電話応対とか人との雑談なので、今働こうとしている工場などではそれはないからです。工場の仕事は長くやってきたので、それなりに経験もありうまく

やれるからです。ただ、職場で浮いてしまったり、陰口を言われてしまうとすぐに気にしてしまい、会社に行くのも嫌になってしまうので、それが心配です。普通なら生活の為、と思うのでしょうが、私は実家暮らしの為か「辞めても次を探せばいい」と思って気楽に辞めてしまうのです。

 

体調に不安があるので、病院に行ったり、健康診断を受けてきました。精神科でリスパダールやらリーゼをもらってきました。薬はあまり飲みたくないですが、今はしょうがないと思っています。コンサータで動けるようになるのは、ちょっと悔しいですが、しょうがないです。あまり無意味なプライドは捨てた方がいいかもしれません、私の場合は。

 

仕事でもすぐに飽きてしまうのは、「与えられた仕事しかしない」からだと思います。自分で考えることを長年放棄してきたので、仕事にやる気も見いだせないのだと思いますし、そこが真面目に見えるのだとも思います。でも、それではダメなんですよね。能力がなくても、自分で考えられる人が会社には必要な気がします。これからは、少しでも自分の頭で考えて行動していきたいと思います。なかなか難しいですが、ちょっとでも自分を変えなくては、このまま仕事をしては、すぐに辞めるという繰り返しになってしまうと思いますから。ブログとかツイッターとかを見ていると、自分で考えている人、楽しんでいる人を見るので羨ましく思っています。これから、少しでもそういう人に近づけますように、、、頑張ります。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートフォンの話

こんにちは。今、スマートフォン楽天モバイルのやつを使っています。通信は確か3Gの容量で月に1000円くらいだったと思います。他にキャリアのガラケーを使っています。こちらは1500円〜2000円だったと思います。お金がないので、安く済ませていますw。ちなみに、月に3ギガというのは、月の通信容量が3ギガbyteまで使えるという意味です。

 

最近の定期的なアプリやシステムアップデートのファイル容量はとても大きいので、Wifiなどを活用しなければ、すぐになくなってしまうと思います。どうでもいい話かもしれないですが、たとえば、1ギガバイトの更新ファイルをダウンロードするのに、一秒間に12Mbpsの通信速度だったとすると、1ギガバイトbpsで言う所のbitに直すと8000bitになるので(1バイト=8bit)、ダウンロード時間は、約666秒、約11分になり、かかった通信容量が約1ギガバイトということになります。最近若者の言う「ギガが減る」状態ですね。これだけで、ギガが3から2になってしまいます。アンドロイドやiOSのシステムアップデートなどは容量が多いのでこれ位はすぐになくなってしまいます。

 

しかし、今私は家にwifiルーターがあって常に大容量の回線が使い放題なので、3ギガの容量でも毎月の容量が足りなくて困ったということはありません。結構YouTubeとか流しっぱなしにしていたり、Spotifyを聴いたりしていてもそんなに減らないみたいです。

この辺りはとても助かっています。しかし、以前はwifiルーターを持っていなかったので、父のいるリビングにルーターはあるものの、あまり近づきたくないというのもあって、自分でポケットwifiを契約してましたが、月に7ギガしか使えないのですぐになくなってしまっていました。なんでも、そうですが、こういう決断は早めにしないと損をすると改めて思いました。ポケットwifiも二年くらい使っていたのですから、馬鹿なものです(以前iPhoneを契約したときに同時に薦められて断れなかった)。しかも、解約金が高かったです。

 

楽天モバイルは昼間は速度が遅いですが、普通に使う分には十分な速度です。私が電話を別にしてるのは安いのもありますが、またキャリアのスマホを使いたいという気持ちもあるからです。キャリアでしか使えないスマホもたくさんありますからね。ただ、スマホに月8000円くらいかけるのは正直馬鹿らしいとも思います。GalaxyやiPhoneをメーカーから直接買って、楽天モバイルなどの回線で月1000円で使うという方法もあるので、お金を貯めてスマホを買うのもありかなと思っています。

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の良い所」を書いてみる。

こんにちは。自分の良い所というと恥ずかしいけれど、自己肯定感を高める為にも書いてみます。

 

・パソコンを中学生の頃からやっている。

中学生の頃と言ったら、約25年前になります。技術や知識はあるかどうか分かりませんが、パソコンはずっといじってきています。最初に買ったPCはNECのPC88シリーズでした。日本ファルコム英雄伝説などのゲームをやっていました。ファミコンと比べて、リアルなグラフィックは感動物でした。その後、PC98を経て、20歳の時にMacと出会います。これは衝撃がありました。なぜなら、キーボードは別売りだし、付属品はマウスだけというGUIを売りにしたパソコンだったからです。MacOSというOSにも惹かれました。フリーズがとにかく多いMacでしたが、気に入っていて、今でもMacを使っています。ただ、自作パソコンなどはやったことはないので、それほどハードには詳しくありません。ただ、パソコンを使うのが好き、といった感じでしょうか。OSとか触ってるだけで楽しいのです。サーバー関連の仕事に就いてからは、LinuxSolarisなどマニアックなOSに触れるので楽しかったです。ただ、そこまで仕事にのめり込むことはありまんせでしたから、表面的な知識しか得る事はできませんでした。それでも、そんな仕事に就いたことは少しは役に立っているのではと思います。ただ、最近のSNSやブログ関連やネット関連には付いていけてないですね。昔の知識で止まっている感じです。ホームーページもアクセスカウンタの付いた昔のやつだし、、、。おじさんになってくると、新しい技術とかハードにあまり興味が無くなってくるので困ります。あまりにも情報が多すぎてどこから手にいれていいのか分からないのです。お金があったら、自作パソコンとかもやってみたいですね。

 

・20歳の頃から読書を始めました。

私は大学には行ってないので、基本的な学力というか高校時代もまともな知識を得られなかったので、(ていうか中学生の授業についていけなかった)、本は読んでいて良かったです。学校は友達にレポートを見せてもらったり、工夫してたら普通に卒業はできました。友達のおかげです。本は最初、20歳で専門学校生の時に、神経症(不安障害)の視線恐怖という人の目が気になる脅迫観念に終始悩まされるようになってから読み始めました。専門学校の図書館や大学の図書館もあったので、しょっちゅう行ってました。対人恐怖もあったので、隠れられるのも気に入っていたのだと思います。本なんてそれまで読んだこともありませんでした。中学校の課題図書も自分で選べないほど本のことなんて何も知りませんでした。ファミコンと音楽を聞くのしかやってませんでしたから、、、。そんな状態でしたが、とにかくその神経症の症状を治したくて、いろいろな精神疾患の本を読みました。加藤諦三さんの本も読みました。森田療法の本も読んだと思います。それから、普通の小説を読んで、何か自分の心が癒される感覚を覚えて、そこから筒井康隆村上春樹などを読むようになり、古典文学などを幅広く読んでいくようになって行きました。興味深い読書体験はドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』です。中毒性があると文庫の帯に書いてありましたが、まさしくその通り、夢中になって読みました。まるで何かに取り憑かれたように読んでいたのを思い出します。文学を読んでいて必ず出てくる都市がパリです。ロマン・ローラン、モームプルースト、いつの時代もパリは憧れの街であり、芸術の中心的な都市として描かれています。どんなところだか一度は行ってみたいものですね。調子に乗って、小説なんかも書いてみました。ちいさな出版社から賞状が送れらてきました。頑張れば認めてくれる人がいると感じたのも良い思い出です。それにしても、最初に書いた文章はまるで小学生のような文章でした。それで、こちらから1000円で読んで評価してくれる所にわざわざ送り、文章の練習をしていきました。それでも、なんの返事もない所がほとんどでした。それほどひどい文章だったのでしょう。それでも、続けていればそれなりに書けるようになるのですから、何事もやってみるのが大事なのかと思いました。それには、個人的な興味が必要かもしれませんが。

 

他にもまだ自分の良い所はあるかもしれません。また、書いてみたいと思います。

それでは、また。

 

 

体調を崩す

こんにちは。仕事を辞めてから一ヶ月くらい家にいたら体調を崩してしまいました。運動はしてるけど、コンサータを飲んででも無理に身体を動かしていた方が体調には良かったみたいです。昨日久しぶりにバイトをやってみました。もう午前中で身体が辛くて早退させてもらおうと思いましたが、昼休みにコンサータを飲んでなんとか乗り切りました。でも、コンサータを飲むと本当に仕事に集中してしまうのでとても疲れますね。

本人の中にそこまで成果を出したいというのがあるんじゃないかと思います。何かを取り返そうとしてるんですかね。

 

また、ぼちぼちと仕事を探そうと思います。一般で採用されたのですが、辞退してしまいました。やればよかったと少し後悔しています。面接は何度もしているのですが、こちらが断るパターンが多いです。なんか不安になってしまいます。でも、やるしかないですよね。

 

それでは、また。

 

 

 

 

睡眠

こんにちは。私はあまり睡眠がうまく取れていません。家にいると父親がいるので落ち着かないのです。物音がするだけで、ビクビクしてしまい緊張してしまいます。普通は仕事をしていないと、体調も回復してくると思いますが、私の場合は反対のようです。だから、いつまでも家にいる訳にもいかないので、仕事を探しています。いろいろ試しましたが、やっぱり環境を変えない限り無理なようです。
なんでこんな悩むのか、、、。f:id:tita65535:20170605183935j:plain

それでも、朝は同じ時間にパッと起きられるようになりました。たまに寝過ごすとスゴくダルく感じます。ダルくても行動するようにはしています。

あと、意識を変えるように心がければ、家にいても少しはリラックスできるかも、しれません。

それでは、また。