発達障害ギリギリ日記

ASD(自閉症スペクトラム)を抱える中年の日記

はてなブログ初投稿!

こんにちは。アップルパイと言います〜。よろしくお願いします。38歳の独身男性で実家暮らしです。37歳のときに自閉症スペクトラム障害の診断をもらいました。それまで、不安障害などの病気で通院していましたが、今回発達障害ということがわかり、それに対応した治療をすすめています。

 

生きていくためには仕事をしなくてはなりません。私は今、障害者雇用で大手企業に勤めて3ヶ月になります。パートタイマー契約社員という扱いでただいま三か月が経過して、次の更新がもうじきあります。しかし、はたして契約してくれるのか心配です。なぜなら、仕事を始めて3ヶ月ですが、10日もらった有給を使い果たし、さらに10日くらい朝起きれないことや風邪などで欠勤をしてしまっているからです!さらに辞めたいと相談していたので、今回はこれで退職したらどうですか?との企業側からの提案もありましたが、よく考えたら仕事を探すのも大変です。そこで、まだ仕事を続けたいという意思は伝えました。はたしてどうなるのだろうか?私自身にも問題がありました。

入社して数ヶ月でもうこれで、一生この会社にお世話にならなければならない!という強迫観念のような思いがこみ上げてきてしまったのです。そうなると、まわりのエリートと言われる人の言動にも自然と目が向き、無理なのに、あの人達のように仕事をしなければならない!とまたこれも強迫観念がわき上がってきたのでありました。ちなみに、私は大学受験もしたことのない、エリートとはまったく無縁の人間です。あしからず。パソコンの専門学校は一応卒業しましたが、プログラミングなどはチンプンカンプンでした。私は無理でしたが、数学な得意な発達障害の人はプログラミングを一生懸命勉強すれば、将来の仕事になるのではないでしょうか?

 

病院に通院しているからには、当然、薬というやつも貰って飲んでいます。私は埼玉に住んでいますが、一つは東京の病院、もう一つは千葉の病院でそれぞれ、うつと発達障害の薬を貰っています。

飲んでいる(もしくは頓服でほとんど飲んでいない)薬はこんな感じです。

コンサータ

ルボックス

ロナセン

リスパダール

・リーゼ

になります。

 

コンサータは最近また飲み始めました。飲まなくても仕事には問題はないのですが、脳を根本的に変えたいという思いと、朝、うまく起きれなくなってしまったので、この薬を活用しようと思って飲んでいます。薬を飲むと、元気になって動きたくなって、無意味に掃除とかしだすし、落ち着きのない人間に変わります。私としては飲んでいない方が、落ち着いた心持ちでいられるのでそちらが好みですが、発達障害の治療ということでもう少し様子をみて飲んでみたいです。

 

よく、自分にはなんの取り柄もないので、いっそのこと精神障害にでもなって手厚い保護を受けて生活したい、どうしたら統合失調症になれますか?なんて質問をみかけますけど、やっぱり病気ではないほうがいいなとつくづく思います。なぜなら、だいたいの精神障害の人達はあたりまえの生活を送りたいがために頑張っているからです。精神障害がなければ、退屈かもしれないけれど、あたりまえの生活は間違いなくできます。会社が大変、学校が大変などいろいろとあるかもしれませんが、自分を損なう行動を無意味にすることもありません。まず、その時点で自分の精神や脳は守られているわけです。精神障害の人はこれができず、したくもないのに、自分の行動によって自分の精神や脳を破壊してしまうのです。そして、「ああ、やってしまった。。」と後悔して、のちの生活を送って行くことになります。ただでさえ大変な生活がそんなネガティブな思考を頭が占めているなんて、普通の人は考えもしないでしょう。しかし、それでも生きて行かなければなりません。それがいやなら死ぬしかないからです。なんの意味もなく生きていても仕事をして稼がなければパンも買えません。ギリギリ日記のギリギリとはまさしくこのお金の話であります。決して精神がギリギリなのではありません。視力がいくら悪くなってもとことん目を使い続けられるのと同じで、精神もギリギリになろうがとことん使い続けることができます(もちろん壊れることもあるでしょうが)。しかし、お金は自分がなんとかしなければどうしようもない事柄です。そのため、お金を稼ぐには、もう、「精神なんて知っちゃことない!」と割り切る必要も出てきます。理由は先ほど話した通りです。

 

なんだか書いていて重たい感じになってきてしまいました。まるでミスチルの歌詞みたいに切実な内容になってしまった。とりあえず、今年を乗り切ることを目標にしていきたいと思っています〜^^