発達障害ギリギリ日記

ASD(自閉症スペクトラム)を抱える中年の日記

ノイズキャンセリングイヤホンを効果的に使う

おはようございます。今日は早起きをして、駅前まで散歩してきました。途中、コンビニに寄ってコーヒーを買い家に帰ってきました。職探し中なので、できるだけ朝ちゃんと起きて、体調を整えておきたいのでよく散歩をします。日中に散歩することも多いです。

 

そんな時によく、音楽を聞きながら散歩したりします。私が使っているイヤホンはBOSEのQuietComfort20というノイズキャンセリングイヤホンです。これが遮音効果が高くてとても重宝しています。発達障害の人は聴覚過敏で小さい音でも大きな音でも全て同時に耳に入ってきてしまい、とてもうるさく感じると聞いたことがあります。私もなぜか、発達障害の診断を受けてから家族がキッチンで皿を洗う音などが気になるようになりました。昔はそんなに音は気にならなかったように思うのですが不思議です。

 

こちらが、そのイヤホンです。

f:id:tita65535:20170523084412j:plain

スイッチを入れなくてもイヤホンとして使えるのですが、スイッチを入れると重低音で音楽を楽しめます。さらに、ノイズキャンセリングのボタンを押すと回りの騒音をカットして、音量を小さくしても集中して音楽を聞く事ができます。また、音楽を流さないでノイズキャンセリングのボタンを押すと、周りの騒音だけがカットされます。これは、家で騒音が気になるときにも使えます。今までは、音楽を大音量で流して騒音を聞こえなくしていたので、耳が痛かったのですが、これは無音で周りの音を消してくれるので、まるで新雪の積もる外に一人で立っているような静寂を感じることができます。ただ、そう感じたのも最初くらいで、その後はそこまで静かになるとは感じなくなりました。それでも、かなりの騒音をカットしてくれるので、一人で静かな環境がどこにいても手に入るのでとても便利です。周りの音が気になる発達障害者には有効なアイテムではないでしょうか?

 

価格も結構値が張るので、音質も普通のイヤホンよりはずっといいと思います。音楽を聞くのが好きな私にはとても嬉しいです。毎日のようにこれを使って音楽を聞いています。こうなってくると、性能の良いスマホやポータブルオーディオプレーヤーが欲しくなってきますね。

 

それでは、また。