発達障害ギリギリ日記

ASD(自閉症スペクトラム)を抱える中年の日記

頑張らない勇気

発達障害者の人は私も含めて自己評価が低いです。

 

自己評価が低いと、「このままではいけない」と考えて、動き回ります。

 

劣等感からいくら頑張ってもだめです。何かに追い立てられるように頑張っても

 

ただただ疲労するだけです。

 

そこまで自分を追い込んで頑張っても自分を認めてあげられない自分がいる

 

それには今のままで良いと思うことです。

 

先に進むのではなく、今のままで良い。

 

これから先に進むことになるかもしれないけれど、とりあえずは今は今のままでいい

 

そんな風にして自分を認めてあげることが大切だと思います。

 

親の些細な言動に傷つき、内心親を責めてしまう

 

そういうトラウマが自分の中にあると気づくだけでいいのです

 

何もしなくても夕方や夜に今日も終わったーとリラックスできる自分を

 

見つけてあげましょう。

 

今日も、何もできなかったと思うから、夕方や仕事が終わったあとに

 

極度に不安になるのです。

 

実際に今日も人一倍頑張っていたのにもかかわらず。

 

だから頑張らない勇気、何もしない勇気が必要なのです。

 

ありのままの自分を認めて、今の何もしていない自分を認めてあげてから

 

頑張っても遅くはないのです。