発達障害ギリギリ日記

ASD(自閉症スペクトラム)を抱える中年の日記

「休日にぼうっとするということ」

こんにちは。近況としては、やっと明日からアルバイトをすることになりました。一ヶ月ぶりの仕事です。体調を崩してしまいましたが、なんとかやってみるつもりです。題名の通り本当にギリギリな生活をしていますね。とりあえず、実家で助かりました。今日は朝起きてすぐにストラテラを飲んで買い物に行き、帰ってきてからコンサータを飲みました。なぜか脳内がとっても静かで落ち着いています。朝一のコーヒーを飲まなかったのが良かったのかも(といっても買い物の途中でモーンングショットは飲んだが)。薬でなかなか理想の効果を得るのは難しいです。今は、窓の近くに座りながら、窓の外の景色を眺めてぼうっとしています。外を見るのに飽きたら本を読んだりしていました。

f:id:tita65535:20170604121122j:plain

こういう休日は今まで2回ほど一人暮らしをしてきた中でも、必ず休日にはこうやってぼうっと外を眺めたり日向ぼっこをしていました。これが自分にとっての癒しだったからです。でも、実家に帰ってきて父親と過ごすようになってからは、何か気配がするだけで恐ろしく、部屋が違い会うことがなくても、落ち着くことができていませんでした。でも、今日はとっても落ち着いています。ぼうっとして幸せを感じます。何年ぶりでしょうか。交通量の多い地域に済んでいるので、いつもはいるだけでイライラしていたのが、今日はクルマの音は聞こえつつも、小鳥のさえずりも適度に聞こえてくるのに気づき、そよ風の心地よさに身を任せています。脳内が静か(適度に落ち着いている)だけで、180度世界が違って見えるんですね。これは、発達障害か何らかの精神疾患が原因です。一般の人にこういう人もいると知ってもらえたら有り難いことです。

 

これは、薬の効果でもあるけれど、もともと一人ならこうやってリラックスできるので、薬のおかげだ!と手放しで喜ぶことはできません。ただ、発達障害精神疾患もいつかは楽になると分かる出来事だったのでとても嬉しいし、諦めずにやっていきたいです。精神疾患との苦闘の記事もいつか書いてみたいですね。

 

今日は一日、こんな風に過ごしてみたいと思っています。

 

それでは、また。