発達障害ギリギリ日記

ASD(自閉症スペクトラム)を抱える中年の日記

プリウスとか何も知らず買うおっさん達。

こんにちは。プリウスが売れています。でも、買ってる年配の人はきっとどんな車だか知らずに、昔カローラ買ってたから、買う、程度の認識で買っているんだと思います。

 

車自体は素晴らしいです。最新モデルはとくに素晴らしいです。乗りごごちも、パワートレインも素晴らしいです。ただ、人を乗せるのか、荷物を積みたい車なのかその辺がはっきりしないのはちょっと、と思いますが。でも、形はセダンタイプではなくて、ハッチバックです。ハッチバックを年配の人の主流にしたトヨタはさすがだと思います。新しい価値観を提案して受け入れられた例だと思います。

 

だけど、内燃機関とモーターとの相乗効果を期待して買う人がどれだけいるでしょうか?きっと燃費がいいから、とかそんな理由で買っているのだと思います。ボディも足回りもとても改良されて、高級車のような乗り心地を手にいれています。今のトヨタのお得意の手ですよね。新しいボディ骨格を開発して、それを元に開発したのが今のトヨタ車です。メーカーは常にライバルに負けないように、新しいアーキテクチャを開発して、車を販売しますが、ユーザーがそれをどれだけ分かってるのかというのは疑問です。少なくとも、ドイツの人がこの手の車にそれほど反応しないのは、車のことを日本人以上に分かっていて、必要がないと思っているからでしょう。最近はディーゼルは悪者にされてきましたが、あちらには小さなコンパクトカーにもディーゼルエンジンが搭載されているのですから。それにドイツの車の方が基本設計、走る、曲がる、止まるが明らかにレベルが高いです。まず、車として優れてるドイツ車をドイツの人が買うのも納得できるでしょう。日本のプリウスマーケティングがうまいから、日本人が買うだけの話です。もちろん、ハード的には素晴らしい車ですが、車の基本としての性能はきっとドイツ車にはかなわないでしょう。トヨタもそれは分かっていると思います。

プリウスは三代目ですが、古いプリウスに価値を感じますか?バッテリーとか古くなったらどうなるんだろう?とか素人なら考えますよね。そうなると、新しい物を買った方が安心ですよね。だから、使い捨ての車とも言えるのではないでしょうか?

 

プリウスは確かに素晴らしい車ですが、もっといろんな車を知ってから買っても良いのでは?と思いました。

 

それでは、また。