発達障害ギリギリ日記

ASD(自閉症スペクトラム)を抱える中年の日記

春が近づいてきた。

こんにちは。久しぶりの更新です。なんとか、派遣の仕事をしています。最近は春も少し近づいたように思います。日中は寒いけど、風に春を感じます。といっても、今日は今年一番寒いのでは?というような一日でした。部屋の温度計も13度だったので、寒いです。

 

今週はコンサータストラテラをお休みしています。やっぱり一日中眠いですね。飲む前はそんなこと感じなかったですけど、飲み始めてから中断するとやっぱり差を感じますね。結局、また薬を飲むのかな?。。。という感じです。でも、安定した状況になるまでは必要かもしれないです。

 

ジョギングはしてないですが、散歩はよくしています。神経痛のようなものになってから、ジョギングはできなくなりました。走るとすごく気持ちいいので残念ですね。基本的に、自転車やクルマで走るのも好きで、ジョギングも風を感じて走るのが好きなんだと思います。

 

明日はバレンタインデーですね。年末にゴディバチョコの箱詰めのバイトをしてました。箱の方が中身より高そうっていっつも仕事しながら思ってました。それくらい、箱が凝ってます。箱を落としたら、かなりヤバい雰囲気。。。という感じでした。私は落としました。バレンタインデーといえば、昔、姉がチョコを作っていて、余った板チョコの塊を食べるのが好きでしたね。板チョコの数倍はあろうかという厚さのホワイトチョコとか美味しかったです。バレンタインって貰った記憶ないですね。もらったかもしれないけど、忘れました。

 

3年以上読み続けている、プルースト失われた時を求めて』が最終巻の残り100ページ余りで読み終わりそうです。長かったです。ジョイスの『ユリシーズ』は昔に読みましたが、挫折。。。でも、今回はちゃんと読み終わりそうです。最初は現在刊行中の岩波文庫の新訳版で読み始めましたが、途中から、集英社文庫に切り替えて読んでます。どうも、読み終わった人の話によれば、終盤は集英社文庫の鈴木道彦訳の方が読みやすいらしく、実際になんとか終わりそうなので、切り替えて良かったと思います。岩波文庫版の方は、まだ翻訳中のようです。ロマン・ローラン『ジャンクリストフ』とかも合わせるとここ4、5年はフランス文学ばかり読んでいたような気がします。この前の、はてなの記事でも、文学は脳の血流を良くするとあったので、鬱とかにもいいような気がしますね。読みにくいけど、読み進んで行くと、頭が働くし、そうすると身体も動くような気がします。

 

それでは、また。

f:id:tita65535:20180213180307j:plain